おもてなしとサービスマナーの違いとは

次のような質問が続々と寄せられています。
おもてなしとサービスは、どういった違いがあるのですか?と。
違いなんてないのではないかと思いがちかもしれませんが、実は全く意味が違います。
今回はおもてなしとサービスの違いを紹介いたしましょう。

おもてなし

これは言わばマナーに相当します。
いかに相手に不快感を与えないかが重要になってきます。
例えば無表情で接客態度も悪いとなると相手は不愉快な思いになること間違いないでしょう。
相手に不愉快に思われると、もうお終いですので、どんなお客さんでも常に笑顔を絶やさずに丁寧な接客態度で迎えると良いです。
よって、笑顔と接客態度が最低限のマナーになりますから、これだけは守らないといけません。

サービス

お客様は想像もしていなかった事をされると喜ぶというものです。
お客様が来訪する前に「このような事をすれば喜ぶだろう、ああいう施設があれば、また泊まってくれるだろう」と常日頃からお客様の立場になって来訪すれば、それを現実にするように全力で奉仕をするのです。
言わば主従関係にあると言っても良いです。

これがおもてなしとサービスの違いです。
この2点をしっかりと押さえておけば次第に満足度NO.1の評価を得られること坊が無いと思います。